契約形態|賃貸管理システムを導入している業者は良い業者か
ウーマン

賃貸管理システムを導入している業者は良い業者か

契約形態

女性

不動産のオーナーと賃貸管理会社との間で行なわれる賃貸管理の契約形態にはいくつかの種類があり、どの契約形態を選ぶかにより実際に賃貸管理が始まってからの動きが異なってきます。その契約形態は、集金代行契約という形態とサブリース契約という形態の二種類に分かれます。
まず、集金代行契約について見ていきましょう。集金代行契約は、賃貸管理会社がまさにオーナーの代理人となるような契約形態です。賃貸管理会社が入居者から家賃を毎月回収し、オーナーに送金します。この集金代行契約は賃貸管理会社がオーナーを代行するという形態です。従ってその業務は家賃回収だけにとどまりません。不動産に空室が発生した場合には入居者を募集したり、退去後には敷金を精算する業務も代行します。また、クレーム対応も行なうようになっています。代行と名が付くだけあって大家としての業務をそのまま行なってくれるイメージです。また、契約の内容には空室の際の保証や滞納された場合の保証が存在します。これらの保証は、契約時の料金に影響を与えます。内容をあらかじめ確認しておくことで契約時のトラブルを抑えることができるでしょう。
次に、サブリース契約について確認します。サブリース契約とは、対象の不動産を賃貸管理会社へ貸し出すようなイメージとなります。入居者とのやり取りは完全に発生せず、あくまで賃貸管理会社とのやり取りとなります。賃貸管理会社が間に入るため利益は少なくなりますが、仮に空室が発生しても利益が変動しないため安定した家賃収入を得ることができます。一方で、保証家賃はその都度見直される場合があります。
集金代行契約とサブリース契約には上記のような違いがあります。それぞれの違いを押さえ、どちらがより安定した収入を得られるか検討してみてはいかがでしょう。